【大学中退】僕が関西学院大学を辞めた理由

人生

「大学行ってる意味がわからない」
「大学やめたいけど勇気が出ない」
「周りの人にバカにされるからやめれない」

今回の記事は、こんな悩みを持っている人たちに是非見て頂きたいです!

筆者の紹介

関西学院大学に入学しましたが、ある時「自分の将来、人生」について様々な方向から、考えた結果、「自分が信じる道に進むことがベスト」といった結論に至り、自主退学をしました。

いつ辞めた?

大学二回生の春、5月(2年目の学費の締め切り直前)に退学届を提出しました。

大学一回生の学費しか払っていないので、正式には大学一回生の終わり、3月末での退学といった形になります。

大学を中退した理由

自分の将来に必要か?

大学に入ってなんとな〜く生きていましたが、二回生になり自分の将来や夢について本気で考えました。

そこである疑問が浮かんできました。

それが
自分にとって関西学院大学を卒業するメリットって何?』 でした。

なぜかというと、僕は、

  • 周りと同じように新卒で就職するつもりない
  • 日本の大企業で働きたいわけでもない
  • カナダの永住権を取得した

というような人生プランがあったからです。

関学を卒業することが100%、全く意味がないとは思いませんが、僕の夢にとってはどう考えても遠回りになってしまうと思いました。

時間とお金が勿体無い

僕は、大卒資格のために「4年間という長い時間」と「何百万円の学費」を費やす価値を見出すことはできませんでした。

また、もし、将来、家庭を持つことになって、自分以外の責任が増えてしまうと、新しい挑戦がしにくくなります。

なので、若いうちに様々なことに挑戦したかったので、こういった考えに至りました。

不安定な環境で挑戦したかった

まず、日本って別に特に何もリスクを犯さなくても、周りと同じように生活していれば、十分良い暮らしができます。

けれど、逆に何もかも揃っていて、すでに敷かれているレールを走っているように、周りの環境に甘えながら生きてしまっていることが僕はとても嫌でした。

なので何も甘えられない環境に自分の身を置きたかったのです。

大学卒業してからではダメだった?

「大学卒業してからでも良かったんじゃないか?」といった声もあるかもしれませんが、
僕は若いうち(特に20代)にたくさんの挑戦をしたいという強い気持ちがありました。

なので、大学を卒業するまでの時間、費用がもったいないと思ったので、「大学を卒業する」といった選択肢はありませんでした。

皆さんに伝えたいこと

最後に皆さんに伝えたいことは

『人生設計』がとても大事だということです。

今回も、僕は以前に人生設計をしていて、そこから逆算して何をすべきなのかを考えました。

その結果、この選択がベストだと確信したので思い切って行動に移すことができました。


また、これから「自分の人生に口出ししてくる人」があらわれることがあると思います。

しかし、自分の人生は自分で生きるんです。

親や友達、先生が生きるわけではありません。

自分が後悔のないように決めるべき。

だと僕は思います。

プロフィール

こんにちわ!好き放題に生きている20歳のナオくんです!

Twitter(@naokun_blog)で、留学や英語、旅などに関する情報も発信しています!

また、聞いてみたいことや相談したいことなどあれば、リプ、DMで受け付けています!

コメント

タイトルとURLをコピーしました