【文法編】おすすめ勉強法【話せるようになりたい人向け】

英語

「文法ってどうやって勉強するの?」
「大学受験で使ったネクステとかやってればいいの?」
「いざ、話すとなると文法を忘れてしまう。」

この記事では、このような疑問や悩みに答えていきます!

筆者の実績

留学中に、これから紹介するオリジナルの勉強法で文法力を伸ばしました。

また、高校のときの模試などでは、文法の問題はたいてい毎回満点で、偏差値65前後くらいでした。

文法なんて二の次!?

相手に意思を伝えることのほうが大事で、「文法なんて二の次だろ!」って言う人いますよね。

い。その通りです。

まさにその通りなんですけど!!!(笑)その二の次をほとんどの人がやらないんです。(笑)

なので、ぱっと見、ペラペラの人がいてもいざ英文書くとなると、文法めちゃくちゃな人、結構多いです。

文法の勉強法

では、いろんな勉強法、紹介していきます!

文法書

英語の文法書をやる。

ネクステージなど日本語が書いてあるのはNG!おすすめはGrammar in Useです!
語学学校などでもよく使われていたりします。

これは文法の勉強だけに限らず、どんな英語の勉強でも
母国語に触れない
という事がとても大事になってきます。

間違い探し

少し僕の性格の悪さが出るかもしれませんが、これも実際に留学中に僕がやっていた勉強法です。(笑)

英語勉強している人、留学したことある人なら分かると思うんですけど、
SNSに書くことも全部英文にしちゃう
↑これ結構あるあるですよね(笑)

皆さん、これ、有効活用させてもらいましょう。(笑)

どういうことかというと、
ネイティブスピーカーじゃない人が英文を書くと、間違った文法を使っているということがよく見られるんです。

要するに、その間違いを見つけて正しい文法に自分で直すということです。

間違いを見つけてバカにするとか、そんなことはしたらダメですよ!
僕も、あなたも、誰だって間違えることはあるんですから。

例文を作る

これは、もうすでにやっている人も少なくないかもしれませんが、一応紹介しておきますね !

新しい文法を習ったら、それだけで満足せずに、実際に英文を作ってみましょう
これやるだけで、だいぶ覚えやすくなり、また、覚えたことを忘れにくくなります。

アウトプット

そして、一番大事なのがアウトプット

ホストファミリーや友達との会話でどんどん使ってみましょう。
本当にしつこいぐらい使ってたら一瞬で覚えることができ、絶対忘れなくなります!(笑)

使い方がいまいちわからないときは「この文法習ったんやけど〜」って感じで話してみて例文を教えてもらうのオススメですね!

文法書だけの勉強はNG!

受験勉強では、ひたすらネクステなどの文法書やるって感じの人多かったと思います。
しかし、英語を話せるようになる」ということを目標にするなら、プラスアルファの勉強法が絶対に必要になってきます。

そこで今回は、僕がやっていた勉強法を紹介しました。
どれも難しくない勉強法ではないと思うので、ぜひやってみてください!

あとは、継続できるかどうかです!
結局は自分次第ですので何かしらのモチベーションを見つけて頑張りましょう。

プロフィール

こんにちわ!好き放題に生きている20歳のナオくんです!

Twitter(@naokun_blog)で、留学や英語、旅などに関する情報も発信しています!

また、聞いてみたいことや相談したいことなどあれば、リプ、DMで受け付けています!

コメント

タイトルとURLをコピーしました